fc2ブログ

西南戦争と会津藩士

戊辰戦争後、
会津藩は斗南藩へと移った。
斗南藩領は不毛の地ということで、
旧会津藩の人々は、
大変な生活を強いられた。

1877年に西南戦争が起こると、
旧会津藩士の多くが警察官として任官し、
西南戦争で薩摩藩側と戦うことになる。

これは一見するとおかしな構図である。
明治政府が会津藩を潰した。
その恨みのある明治政府に、
旧会津藩士が西南戦争で明治政府側に味方したからだ。

ところがこれは明治政府の策略でもあった。
旧会津藩士の人々は明治政府を恨んでいる。
その恨みを西南戦争によって、
薩摩藩側へと向けることに成功した。

栃木の城+α

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

カウンター

スポンサードリンク
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブログ村
カテゴリ
広告
メール
リクエストを受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR