fc2ブログ

勝海舟と蘭語

勝海舟(麟太郎)が若いころ、
蘭語(オランダ語)に興味を持ち、
勉強を始めた。

その当時、
日本にあった日蘭辞書は、
「ヅーフ・ハルマ」一種類だけ。
しかも買うと60両もした。
現在の価格にすると360万円くらいである。
勝の家は貧乏だったため、
手に入れることができない。

そこで勝は、
この原本58巻を借り、
1年がかりで2部写した。
そのうちの1部を売って生活費にした。

栃木の城+α

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

カウンター

スポンサードリンク
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブログ村
カテゴリ
広告
メール
リクエストを受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR