fc2ブログ

反徳川家康

織田信長が亡くなると、
旧武田領は、上杉、北条、徳川と、
三大勢力の領地争いの場となった。

そこに真田昌幸がおり、
昌幸は自領を守るため、
三大勢力と次々と結びついて、
ころころと主君を変えた。

昌幸が徳川家康の配下になっていたとき、
徳川家と北条家が講和を結んだ。
その条件に、
「上州沼田の明け渡し」があった。

ところが、
上州沼田というのは、
真田家の領地であり徳川家の領地ではない。
そして昌幸が家康から与えられた領地でもない。

昌幸はこれを断固拒否し、
徳川家を離れて、
一度裏切った上杉景勝を頼った。

これに怒った家康が、
真田攻めを行い、
上田城を攻めたものの、
昌幸の巧みな戦術に徳川軍は敗北する。

栃木の城+α

メルマガ「歴史情報」

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

カウンター

スポンサードリンク
リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブログ村
カテゴリ
広告
メール
リクエストを受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR